イキタノ!生きることを楽しむために、心の病をやめるブログ

産後うつ、再発した統合失調症から寛解したイキタノのブログ

産後うつの治し方

こんばんは(^ ^)

こころのやまいともだち、ヤマトモです。

 

産後うつの治し方

まずは、お肉、特に牛肉、ラム肉、レバーこれからの時期は牡蠣もしっかり食べる。

タンパク質や鉄分やら亜鉛やら、赤ちゃんに与えて母体に不足している栄養素をしっかりチャージ!

 

そして寝る!

寝かせてあげて!

入院するのもあり!

 

あとは、糖質過多にならないように。

野菜や海藻も食べて。

詳しくは「うつぬけ食事術」など、分子整合栄養医学の本などをご確認ください。

 

あとは、自由時間を与えて!

 

そうか!

 

栄養も睡眠も自由時間も、赤ちゃんを授かる前には、それなりに満たされていたはず。

 

それが、赤ちゃん出産とともに、栄養も睡眠も自由時間も奪われる。

 

世の健康な老若男女さん達よ、一挙にこれらが奪われてみんしゃい。

あなたも立派なうつになれます!

 

そう、うつ病の作り方って、ある程度パターンがあると思うのです。

 

ストレス過剰→食欲不振→栄養不足→睡眠不足→不規則な生活→運動不足→気分転換不足→うつ病

 

人により色々違うかもしれないけど、だいたいこれらの要因が重なりあってうつ病になると思います。

 

産後、これらの要因が一気にやって来ます。

更にホルモンバランスも悪くなってるときた日にゃ、そりゃもう、理性的な判断など出来なくなります。

 

分子整合栄養医学が保険診療に組み込まれるようになれば、安価で栄養素の不足具合などがわかるので、それを補う食事やサプリや薬を取り入れることで、心身の健康を保てます。

 

産後うつの予防も出来ると思います。

 

産後うつを何とか生き抜いた者として、切に、分子整合栄養医学の普及を望みます。

 

さて、私もそろそろ寝よう。

赤ちゃんは、みんなで育てよう。

あ、栄養状態が良いと、赤ちゃんも夜よく寝てくれるらしいです。

栄養療法で、みんな明るく朗らかで幸せになれます。

 

良いことだらけ(^^)

 

みなさまのご健康とご活躍を祈念しつつ、

おやすみなさい☆