イキタノ!生きることを楽しむために、心の病をやめるブログ

産後うつ、再発した統合失調症から寛解したイキタノのブログ

分子整合栄養医学との出会い

おはようございます😃

心の病友達、ヤマトモです。

 

私と分子整合栄養医学との出会い、それは一冊の本を母が買ってきた事からでした。

f:id:yamatomo_no-1:20200423061857p:image

食事で治す心の病

大沢博 

 

今、手元に無いのですが、ビタミンB3、別名ナイアシン統合失調症に効く、というような事を書いてあったようです。

母はナイアシンを多く含む食品を調べて、玄米に多い事を知り、私の主食を玄米にかえてくれました。

 

その頃、姉がマクロビオティックにハマっていて、影響されていた私も玄米菜食をしたいと思っていたので、玄米食に異存はありませんでした。

 

むしろ、マクロビオティックの言うように肉は食べたくなかったのですが、

母に肉も食べた方が良い

と言われて仕方なく食べていたのですが、分子整合栄養医学をよく知ると、

それが良かったことがわかります。

 

マクロビオティック

分子整合栄養医学?

 

マニアックかもしれない言葉を補足なしに並べてしまいました。

 

ちゃんと本やネットを調べると、もっとしっかりした情報があると思いますが、私の脳内検索による私なりの大雑把な解釈だと、

マクロビオティックは、玄米菜食を勧めていて、肉、砂糖、添加物を避ける食事法。

 

分子整合栄養医学は、血液検査などをして、栄養素の過不足、代謝の異常などとその原因を調べて、食事やサプリや生活の改善で心身を元気にする代替医療

 

どちらも食事で心身を元気にする療法だと思ってます。

 

マクロビオティックだと肉は控えた方がいいと言っていますが、分子整合栄養医学だと、しっかり肉を食べる事を勧めています。

 

分子整合栄養医学の病院にはかかってなかったけど、分子整合栄養医学の勧めるような食事をしていたら、

障害者雇用で勤めていた会社でフルタイムで働けるようになり、

ホノルルマラソンを8時間ほどかかったけどゴール出来るほど元気になりました。

 

なので今ではすっかり分子整合栄養医学にハマってます。

 

そもそも、私には、

食べると大丈夫になる

と言う体感がありました。

 

今思えば、お腹すいてグダーッとダメになっている時は、機能性低血糖症により、低血糖になっている時であり、

食べて血糖値が持ち直す事で、

大丈夫になった

と言う感覚になっていたのだと思います。

 

二度目の分子整合栄養医学との出会いは、産後うつで超調子が悪かった時です。

 

妊娠中に精神薬を医師の許可のもとやめていたのですが、

産後、眠れなかったため、母乳を止める薬を飲み睡眠薬を飲んでいました。

 

母乳を止めたショックや、今思えば、妊娠、出産による栄養不足、産後の疲れ、

暗い部屋で寝た方がよく寝られるだろうと、日中も日の当たらない部屋にいたこと、育児の疲れ、その他バタバタによる身体的、精神的ストレス…

 

思い出すだけで疲れます。

しっかり思い出すとまだ母乳を止めたショックで泣けるかも⁈

 

とにかく辛かったです。

イライラもするし鬱々もする。

マンションの最上階に住んでいたので、飛び降りちゃダメと言い聞かせていました。

 

そんな頃に、食事で治す心の病を思い出し、そこに載ってた分子整合栄養医学の病院にかかることにしました。

千葉県の稲毛にあるマリヤ・クリニックへは、都内の自宅から電車を乗り継ぎ行きました。

 

機能性低血糖症があるかを調べるため、5時間の糖負荷検査を受け、その他血液検査などをしました。

 

そこで無反応性低血糖症、隠れ貧血、ビタミン、ミネラルの不足などがわかりました。

詳しくは後日改めて書きますが、

食間を2時間半空けないように間食を摂る

ヘム鉄、ナイアシン、ビタミンB群、プロテインなどの医療用サプリを摂る

その後、別の検査をして

乳製品を避ける

などの栄養指導を受けました。

 

普通の内科の病院で普通の血液検査をしても、貧血もなく異常無しと言われていたのに、心も体も異常に重かったのは、

普通の検査よりも細かい血液検査などをすることにより、色々な代謝の異常や栄養素の不足などがあったからなのでした!

 

目から鱗でした。

 

プロテインとビタミンB群を飲んだら、赤子連れて出歩くのが超大変だったのが、少し気軽に出かけられるようになりました。

乳製品をやめたら、なんだかぐるぐると落ち着きのなかった思考がスッキリしました。

 

よく、サプリメントの効果は、偽薬効果、プラシーボと言われます。偽の薬でも信じて飲めば効くことがあるそうです。

 

私はサプリメントを処方されても、どう効くのかを知らないで飲んでいて、調子が良くなってから、分子整合栄養医学の本を読み、あのサプリを飲んだから、あの不調が良くなったのか、と後から納得したので、偽薬効果は無かったと思います。

 

今は分子整合栄養医学の病院には通っていませんが、食生活には気を付けています。

 

乳製品は勝手に解禁して不調を感じないのでいっかぁと食べていますが、

小麦粉製品を食べると、変にハイになったり、だるくなったりするので、グルテンフリーを心がけています。

タンパク質たくさん、糖質控えめ、まごたちわやさしい、添加物控えるなどなど。

 

ストイックと思われるかもしれませんが、

心身が快適になるので苦になりません。

 

むしろ、オススメしたいのでブログを始めたわけでもあります。

 

そんなこんな、長くなりました。

私と分子整合栄養医学との出会いは、食事で治す心の病、という一冊の本だったのだなぁ。

それで人生変わったなぁ。

色々な本との出会いで私の人生は変わってきています。

そんな本たちもこれから紹介してまいります。

 

栄養と運動と休養のバランスをとって療養してください。

 

分子整合栄養医学の病院で言われた言葉です。

新型コロナウィルスで不安な日々ですが、栄養と運動と休養のバランスをとって自分の免疫力しっかり発揮させて乗り切りましょう!

 

ではでは、今日も良い一日をお過ごしください✨