イキタノ!生きることを楽しむために、心の病をやめるブログ

産後うつ、再発した統合失調症から寛解したイキタノのブログ

統合失調症でもホノルルマラソンでゴール出来る!

おはようございます(^-^)

こころのやまいともだち、ヤマトモです。

 

私は30代の頃にホノルルマラソンに出場しました。

走ったり、歩いたり、給水を飲んだり、ウエストポーチの補給食を食べたり、長蛇の列のトイレに並ぶのに立ち止まったりしながら、8時間ほどかけて42.195㎞のフルマラソンをゴール出来ました。

 

かれこれ10年以上経った今、改めて思うと、凄いことしたなぁ!

と思います。

 

そもそも、それまで海外は、大学時代の部活でオーストラリアに連れて行ってもらっただけで、

海外に行くこと自体が大それたこと。

そこでフルマラソンを走ろうと言うのだから、酔狂なことです⁈(^◇^;)

 

そもそものランニングを始めたきっかけは、国内の障害者も出られるマラソン大会のウォーキングの部に出場したことからでした。

障害者雇用の会社で働いていた時に、職場の健常者のスタッフも障害者のメンバーもみんなで出ることになったのでした。

 

ウォーキングの部は5㎞、同僚とのんびり歩いていました。

そしたら、後からスタートしたランニングの部の人たちに軽々と抜かされていきます。

 

走るのって気持ちよさそう!

 

私も走ってみようかな⁈

 

ウォーキングの部だけど、ほんの数m走ってみました。

 

気持ちいい!

 

それがランニングを始めたきっかけでした。

 

そもそも私は、走るのは好きではありませんでした。

速くもないし疲れちゃうし、学校で走らされた持久走は苦痛でしかありませんでした。

 

それが、マイペースに走るぶんには気持ちいいのです!

 

マイペースで走る気持ちよさを義務教育で教えてもらいたかった…

 

その後、自宅の周りのランニングを始めました。

と言ってもずーっと走り続けるのではなく、かわいい花があれば立ち止まり、携帯電話で写真を撮り、疲れれば歩く、という超マイペースさ。

 

そんな頃、高校の頃の友達と会う機会があり、私が走ってる話をしました。

そしたらその子が

一緒に走ろう!

と言ってくれたのです。

 

一緒にマラソン大会に出てみよう!

ということになり、まだまだ長距離を走る体力の無かった私はとにかく距離の短い大会を探しました(^◇^;)

 

3㎞の部のある大分県臼杵市のマラソン大会に出ることにしました。

独身貴族だったなぁ。

都民なのに3㎞の大会に出るために大分まで行くなんて(^◇^;)

障害者雇用とは言え、自分の稼ぎがあったことが良かったと思います。

 

結局、3㎞のうち、最初と最後の1㎞は走れたけど、途中の1㎞は歩きました。

 

でも、ゴール出来た時の達成感はありました!

 

いつかホノルルマラソンに出よう!

 

友達と約束というほどでもなくそんな話になりました。

 

練習は、自宅周りや、仕事帰りに職場の近所を走ったりしてました。

 

その友達と、5㎞の大会、10㎞の大会にと距離を伸ばして参加していきました。

ハーフマラソンは疲れて歩いちゃって走り切れなかったけど、10㎞なら走り切れるようになりました。

実は東京マラソンの10㎞の部を完走したことがあります!

 

そんなこんなで、フルマラソンだけど時間制限の無いホノルルマラソンへの出場が現実になりました。

 

ホノルルマラソンのツアーを探し、アスリートのアドバイスをもらえるツアーを選びました。

事前の説明会で、アミノ酸や甘いものを補給しながら走ると良いと聞いて、そんなものをウェストポーチいっぱいに詰め込んで臨んだホノルルマラソン

 

お祭りのようでした。

 

走るのが速い友達は5時間ほどでゴールしてたので3時間ほど待たせてしまいました。

 

一緒に走ろうと始まりましたが、大会ではいつもお互い別々にマイペースに走ってました。

 

歩くことさえ、億劫で、生きるだけで精一杯だった陰性期からすると、ホノルルマラソンをゴールするなんて、思いもしなかったことです。

 

再発して元気になってきた今、走るのいいなと思うようになってきているけど、

最近、歳のせいか、下手に運動すると後であちこち痛くなる(^◇^;)

 

でも、改めてホノルルマラソンを思い出すと、いいなと思います。

また走ろうかなぁ。

体重落として膝に負担かけないようにしなくちゃな。

ちょっと膝に不安があります。

日頃の姿勢や歩き方から改めれば大丈夫かな。

 

家族でホノルルマラソン出場目指すのもいいなぁ。

 

夢、ゴールの設定が大事ですね。

ホノルルマラソン出場は夢のような話でしたが、実現したわけで、

これからも、夢のような夢を叶えていけるはずだわ。

 

病気だと、夢見る元気も無くなりますが、元気になる、という夢でもいいので設定すれば、

色々な健康情報に気付くようになり、実践できるようになり、

徐々に元気になれると思います。

 

ちょっと元気になると、夢が膨らみだします。

ダメな理由も膨らむかもしれないけど、できる理由を探すことを癖にして、実現していきましょう。

 

友達に話すのもいいかもしれません。

私のホノルルマラソンは友達がいなかったら実現してなかったと思います。

 

私も今、ダメな理由を探してばかりいた夢があります。

分子整合栄養医学の資格を取る事です。

ダメな理由を探してばかりいることに気付けたのは、友達に語ったからでした。

 

自己啓発本など読んで、

ダメな理由ではなく、どうすればできるかを考えよう!

と言葉ではわかっていましたが、実際にはお金や時間や環境などと、ダメな理由を探してばかりいることに気付かずに無理だと思い込んでいました。

 

ホノルルマラソンをゴールしたんだから、新しい夢もゴール出来るよなぁ。

 

そんな気持ちになってきました!

 

前の記事を読んだ友達が、ホノルルマラソンに出場したきっかけと、その後の心情を知りたいと言ってくれたので、この記事を書き始めたのですが、

新しい夢を目指す心情になりました!

 

ありがとう!

 

人生もブログも人との出会いがあってこそ。

 

統合失調症でも、ホノルルマラソンをゴール出来る!

新しい夢を叶えられる!

 

そのためには心身の元気を食養生、人と話す、本を読むなどなどで養いましょう〜⭐️

 

元気があれば何でも出来る!

元気が無いなら、元気をつける方法を学んで実践して元気になろう!

分子整合栄養医学が役に立ちますよ〜(^.^)

 

分子整合栄養医学に関しては後日また書きますね。

 

ではでは、今日も良い一日に出来ますように❣️