イキタノ!生きることを楽しむために、心の病をやめるブログ

産後うつ、再発した統合失調症から寛解したイキタノのブログ

痛みを前向きに捉える

斜に構える、弱腰、及び腰、猫背。

思春期以降の私は、生きる姿勢も体の姿勢もそんな感じの姿勢だったなぁ。

 

時間は前に進んでいるのだから、しっかり前を向いてないと、障害物に転びやすくなるだろう。

前を向いていれば、視界も開けて歩きやすいのに。

弱腰だったら、本腰入れた人に敵わないだろう。

及び腰だったら、ちょっと押されたら倒れるだろう。

猫背だと、印象悪いし、心身にも悪影響があるだろう。

 

そりゃ、心も体も歪むだろなぁ。

痛みも出て来るだろなぁ。

悪い姿勢って、楽なようでいて、無理な姿勢。

道理が通らない姿勢だから、いずれ破綻が訪れる。

最近、姿勢に無頓着でいたら、また股関節周りの筋肉がつっぱるように痛みます。

前にこうなった時は、良い姿勢を心がけていたら治りました。

ではでは、今回も良い姿勢を心がけて治そう。

悪い姿勢により歪んだ体を正すストレッチ、良い姿勢のための筋トレ、色んな本を見ることで、そんな情報が集まってきました。

痛みがある事はモチベーションになりますね。

おしゃれに素敵になろう!

とかだと長続きしないのですが、痛みがあるとつらいので、そこからの解放のためには、やれそうです。

勉強などのモチベーションは、

勉強しないと落伍者になるから、という恐怖ベースよりも、

憧れの仕事に就くため!

など前向きな方が捗るそうですが。

体の痛みという恐怖ベースの方が、シェイプアップは捗りそうです。

となると、この痛みは良いきっかけになってるんだなぁ♪

痛みさえも前向きに捉えられました!

 

ではでは、今日も良い一日にいたしましょう!

٩( ᐛ )و